Sitoa design

あなたらしさが伝わる・あなたらしく広げるデザイン

デザイン豆知識 パンフレット リーフレット

パンフレット・リーフレットの違いと効果的な使い方

更新日:

パンフレットとリーフレット。どちらの言葉も知ってはいるけれど、どう違うのか正しく説明するのは難しいですよね。

パンフレットとリーフレットの違いは?それぞれの効果的な活用方法についてご紹介します。

 

パンフレットとリーフレットの違い

パンフレット

複数枚の紙を綴じて制作されたもので、製本されていない小冊子のこと。

UNESCOでは定期刊行物とは異なる出版物が「表紙を除いて5ページから48ページまでのもの」と定義されています。

 

リーフレット

1枚の紙を折りたたんで制作されたもの。一般的に二つ折りや三つ折りサイズのものをよく見かけますね。

 

1枚ものがリーフレット。複数枚のものがパンフレットとなるよ

 

パンフレットとリーフレット、活用方法の違い

1枚もののリーフレットと複数枚のパンフレット。

あなたの商品やサービスの紹介をするために作るなら、リーフレットとパンフレットどちらを選びますか?

 

リーフレットはコンパクト・低予算が魅力

  • あまり予算をかけずに作ることができる
  • サイズが小さいので手渡しやすい
  • DMとしても利用できる

リーフレットは1枚の紙で作ることができるので上記のようなメリットがあります。

また、簡易的なミニパンフレットとしても活躍します。(三つ折りパンフレットと言われたりもしますよね。)

 

パンフレットはたくさんの情報を紹介したい時におすすめ

  • 全ての商品・サービス内容を紹介したい
  • 商品の細かい説明をしたい
  • 企業理念などを深く知っていただき、信用を得たい

このような場合はパンフレットの作成をおすすめします。

 

\リーフレットに関してはこちらの記事も/

折り方は魅せ方。持って帰りたくなるリーフレットを作ろう

\パンフレットに関してはこちらの記事も/

中綴じのやり方と注意すること

 

まとめ

リーフレットとパンフレットの違いは、簡単に言うと1枚の紙なのか複数枚なのかという枚数の違いです。

手軽に渡せるリーフレットと、じっくり読んでもらうためのパンフレット。

どのようなシーンで、どのような人に読んでもらうために作るのか、実際に手にする人が求めている情報が掲載されているか。

目的とターゲットによって選んでくださいね。

伝えたい情報と使う目的によって選ぶことが大切です

 

お問い合わせはこちらから

-デザイン豆知識, パンフレット, リーフレット

Copyright© Sitoa design , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.