Sitoa design

あなたらしさが伝わる・あなたらしく広げるデザイン

デザイン豆知識

90、110など紙の厚さを表す単位とオススメの厚さについて

更新日:

最近はネット印刷会社を使ってご自分でチラシなどの印刷をされる方も増えてきましたね。

ワードやエクセル等でも入稿できるので、手軽に簡単に利用できる点がとても便利だと思います。

ただ紙の種類を選ぶ場合、コート73kg・マット70kg・上質110kg等どの紙を選べばいいのかわからない、迷ってしまう方も多いのでは?

そこで紙の厚さで表示するkgとは何なのか、オススメの紙の厚さについてご紹介します。

 

紙の厚さのkgって何の重さ?

印刷に用いられる紙の厚さは、一般的にmmではなくkgで表示されています。

この73kgや90kgという重さは印刷用紙の原紙(全紙ともいいます)サイズで1,000枚重ねた時の重さを表します。これを連量と言います。

連量が軽ければ薄い、重いほど厚い紙となり、同じ厚さの紙でも原紙サイズによって数字は異なります。

原紙サイズ

大きさ

A判

625mm×880mm

B判

765mm×1085mm

四六判

788mm×1091mm

菊判

36mm×939mm

ハトロン判

900mm×1200mm

 

原紙とは製造工場で出来上がったままの大きさの紙のこと

 

紙の厚さをmmで表すと?

連量は原紙サイズによって異なりますが、ここでは、四六判サイズを例にご紹介します。

連量(kg) 厚さ(mm) オススメの用途など

55kg

0.08mm

一般的なコピー用紙よりも少し薄い。

70kg/73kg

0.08~0.10mm

一般的なコピー用紙とほぼ同じ厚さ。

新聞広告や折り込みDM、冊子の本文用紙などに使われることが多い。

90kg

0.09~0.13mm

チラシやフライヤー、リーフレットに向いている。

カタログなどの冊子の本文用紙に使われることが多い。

105kg/110kg

0.10~0.16mm

ある程度の厚みがある。

ある程度厚さが欲しいチラシやフライヤー、商品パンフレットや会社案内などにもよく使われます。

130kg/135kg

0.13~0.19mm

しっかりした厚みがある。

冊子の表紙やポスターなどに向いている。

150kg/180kg

0.21~0.26mm

郵便ハガキとほぼ同じ厚さ。

DMやポストカード、冊子の表紙によく使われる。

名刺にもオススメ。

220kg

0.25mm

ハガキよりも厚くかなりしっかりした厚さ。

ページ数の多い冊子の表紙にもオススメ。

 

紙の厚さまとめ

紙の厚さはあまり聞きなれない連量という重さで表示されていることをご紹介しました。

連量は紙の厚さを知る目安になりますが、同じ連量でも紙の種類によって厚さは若干異なってきます。

よく用いられるコート紙では90kgが厚さ0.10mmですが、上質だと90kgの厚さは0.13mmとなります。

印刷したい商品に適した厚さと紙の種類も考慮して選んでみてくださいね。

私のざっくりとした目安としては

  • リーフレット→90kg
  • チラシ・フライヤー→110kg
  • 名刺→180kg

をオススメします。

 

自分で印刷するなら?オススメはここ

インターネットで検索すれば、格安の印刷会社さんはたくさん出てきます。

たくさんあり過ぎてどこを選べばいいのかわからない方には、まずはこの2社がオススメ^^

印刷会社によって1枚の値段や送料などが異なるので、検討してみてね。

迷ったらここがオススメです

激安印刷なら通販【プリントネット】

 

簡単編集!画像素材は2000万点! ラクスルのオンラインデザイン

 

デザインも頼みたい方はお問い合わせください

お問い合わせはこちらから

-デザイン豆知識

Copyright© Sitoa design , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.