インスタで売れる。ハンドメイド作家のSNS活用術

SNS活用

ハンドメイドイベント等で直接お客様に販売していた作家さんも、最近ではInstagram(インスタグラム)やFacebook(フェイスブック)、ECサイトなどWEBを使った販売に力を入れる方が増えましたね。

インスタでハンドメイド作品の販売を始めてみた

投稿しているけど、これでいいのかわからない

インスタの効果的な活用方法が知りたい

インスタの機能がよくわからない

こんなお悩みはありませんか?

本来ならSNSの投稿に時間をかけず、新しい作品を作って販売することに力を注ぎたいですよね。

元々写真を重視しているインスタはハンドメイドとの相性バッチリ♪

インスタの機能を上手に活用して、ハンドメイド作品を楽しく販売しましょう^^

ハンドメイドの売り方①インスタのショッピング機能(Shop Now)

2018年6月に追加されたショッピング機能。

投稿した商品の値段や仕様などを簡単に確認し、購入できるようになりました^^

インスタはURLをリンクできないのが残念だったけど、ショッピング機能の登場で簡単に購入できるように♪

▼ショップ機能のやり方▼

インスタのショッピング機能(Shop Now)の設定方法
インスタのショッピング機能を知っていますか?投稿写真から直接商品の購入につなげることができるInstagramショッピングの導入方法について。

ハンドメイドの売り方②インスタのストーリーズ

2016年8月に登場したストーリーズ。

アプリのホーム画面上部に表示される、ユーザーの丸いアイコンをタップすることで、それぞれのユーザーが投稿した画像や動画を見る事ができます。また、左上にある自身のアイコンをタップすると投稿が可能です。

ストーリーの位置

※ストーリーズが正式名称ですが一般的にストーリーと呼ばれることが多いので、ここでは「ストーリー」と記述します。

ストーリーは24時間で消えるという特徴があるので、期間限定のセールやイベントなどの告知のような限定感を演出したい投稿にピッタリ!

「日常的」な投稿が多いという特徴もあるので、制作の裏側やオフショットなどの投稿にもむいています。

フィード投稿ではハンドメイド作品自体の紹介、ストーリーではセールやイベントの告知、制作過程の動画を投稿するといった使い分けがオススメ。

ストーリーを活用することで、よりユーザーと近い位置でのコミュニケーションをとったり、親近感を持ってもらいましょう^^

ハンドメイドの売り方③インスタのハイライト

2017年12月に登場したハイライト機能。

投稿後24時間で消えてしまっていたストーリーをハイライトに設定して自分のプロフィール画面に残せるようになりました。

ハイライトの場所

ハイライトは残しておきたいストーリーを自由な組み合わせで保存できるので、ハンドメイド作家としてまとまった情報を提供したり、作品のジャンルごとに作ったりとインスタ活用の幅がさらに広がります^^

例えば、こんな活用がオススメ

自己紹介としてプロフィールページには書ききれなかったものを写真とともに紹介する

ハンドメイド作品の制作過程だけをまとめる

日常で実際に使ってみたシーンを紹介する

Q&Aをまとめて紹介する

このように、カテゴリーごとにまとめておくことができます。

作品のジャンルごとに商品紹介をまとめておけば、お客様が欲しい情報や商品を見つけやすいというメリットも。

ショッピングタグを付けたストーリーをハイライトにまとめれば、カタログのようにも活用できます。

ハイライトはプロフィール下の目に止まりやすい場所に表示されるので、上手に活用しましょう^^

まとめ

ショップ機能の登場でインスタとハンドメイド販売はより相性がよくなりました。

便利な機能を使いこなして、インスタからの販売につなげましょう。

ストーリーズやハイライトをもっとおしゃれに投稿したい方にはこちらの記事もオススメです。

参考にしてみてね^^

「インスタストーリー」簡単おしゃれな加工テク
インスタグラムで流行りのストーリーズ。「大人っぽくセンスのいい」「雰囲気のあるストーリー」「人とは違うものが作れる」おしゃれな投稿のやり方をご紹介。

タイトルとURLをコピーしました